カマグラ発泡錠とは

ED治療薬の中でも、人気のカマグラシリーズ。
今回ご紹介する「カマグラ発泡錠」は、ジェネリック医薬品のなかでも珍しい水に溶かして服用するタイプです。

カラダへの吸収も早く、

・即効性がほしい
・錠剤が苦手

そんな方へ、カマグラ発泡錠はオススメです。

▶カマグラ発泡錠の通販はコチラから◀

カマグラ発泡錠の飲み方

カマグラ発泡錠の飲み方
カマグラ発泡錠は、カラダへの吸収が早いのが特徴。
とはいえ個人差があるため、性行為の約1時間前に「」か「ぬるま湯」に溶かして服用してください。

また、効果を最大限に発揮するには、空腹時に服用しましょう。
デートなどで性行為の前に食事をする場合は、先にカマグラ発泡錠を服用し、カラダへ吸収される30分後になってからがオススメ。

「シルデナフィル」はカラダへの吸収が難しい

カマグラゴールドシリーズの有効成分は「シルデナフィル」。
じつは、シルデナフィルは水に溶けにくく、カラダに吸収されにくいという性質をもっています。

そんなシルデナフィルのデメリットを、カマグラ発泡錠では水に溶かした状態で服用できるから、細胞単位でカラダへの吸収率が上がるというワケ。

「今まで、ED治療薬を飲んでも効果がなかった」そんな方に、試してほしいお薬です。

カマグラ発泡錠の効果とは

カマグラ発泡錠は、「勃起を助けるお薬」です。
勃起を起こすのではなく、性的刺激がなければ勃起することはありません。そのため、興奮し続けて困るという心配もご無用。

カマグラ発泡錠の効果について、詳しく説明する前に、勃起の流れをみていきましょう。

性的刺激

陰茎の神経や血管から「NO(一般化窒素)」が放出

cGMP」という物質で血流が促される

勃起とその継続

一般的にEDといわれる症状になると、「NO(一般化窒素)」の放出が十分でなくなります。そのため、「cGMP」の物質も十分でなくなり、勃起できない状態に。

さらにcGMPは、「PDF-5」という酵素に分解され消えていきます。カマグラ発泡錠はPDF-5の働きを阻止しcGMPを長持ちさせることができます。結果、勃起を助けるお薬というワケ。

カマグラ発泡錠の「副作用」と「併用禁忌薬」とは

カマグラ発泡錠の主な副作用は以下のとおり。

・顔のほてり
・頭痛
・動悸
・めまい
・鼻づまり
・視覚異常

血流がよくなるため、上記のような症状を感じる方が多いようです。
基本的にお薬の効き目がある間のみ、症状を感じることがほとんどですが、異常を感じた場合すぐに病院で診断をうけましょう。

併用禁忌薬について

一緒に飲んではいけない併用禁忌薬については以下のとおりです。

【併用禁忌薬】
・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビドなど)
・アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
・sGC刺激剤
・リオシグアト(アデムパス)
【併用注意】
・チトクロームP450 3A4阻害薬(リトナビル・イトラコナゾール・ケトコナゾール・シメチジン・エリスロマイシン・ダルナビル・サキナビルなど)
・チトクロームP450 3A4誘導薬(ボセンタン・リファンピシンなど)
・降圧剤
・α遮断剤
・カルペリチド

カマグラ発泡錠の購入方法とは

カマグラ発泡錠は、インドで製造&販売されており日本では未認可のお薬です。
そのため、病院や薬局では購入することができません。

ただし海外から直接、取り寄せる「個人輸入」という方法で購入することができます。
とはいえ、自分で販売元へ問い合わせるなどの面倒な手続きはしなくとも、医療用医薬品を取り扱っている専門の通販サイトを利用すれば簡単に入手できます。

▶カマグラ発泡錠の通販はコチラから◀

更新日:

Copyright© NOカマグラ、NOライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.